DIYにはどんなものが必要?おすすめ道具3選!



電動ドライバーがあれば穴あけネジ締めが便利

電動ドライバーを使うことで、効率よく作業をすることができます。電動ドライバーがあれば、穴あけ加工やネジを締める作業を楽におこなうことが可能です。力のない人でも加工することができるため、性別や年齢問わず使うことができます。代表的な電動ドライバーに「ドリルドライバー」と「インパクトドライバー」があります。ドリルドライバーは、ビット交換によって穴あけとネジ締めができる電動ドライバーです。インパクトドライバーも穴あけとネジ締めができ、打撃もプラスされるためパワフルな動作を可能としています。

電動のこぎりで簡単に切断可能

机や椅子といった家具を作成する場合、木材を切断する必要があります。人力では時間がかかる作業ですが、電動のこぎりがあれば短時間で切断可能です。作業の負担も軽減されるため、DIYをするときには持っておきたい道具の一つだと言えます。大型と小型のものがあり、制作物によって使い分けると効率よく作業を進められます。代表的な電動のこぎりの種類は「セーバーソー」「ジグソー」「丸のこ」の三つです。セーバーソーは手のこ感覚で扱えるため、初心者に向いているのが特徴的です。ジグソーは上下に動かすことで切断でき、丸のこは円盤状の刃を回転させて切断します。

木工用ボンドは接着に使える

木材同士を接着するのに役立つ木工用ボンド。大小さまざまな制作物に使うことができます。ネジのみでも固定することができますが、木工用ボンドを使うことで強度を高めることが可能です。塗るときには木材の汚れを落とし、クランプを使って圧力をかけると強力に接着することができます。木工用ボンドの特性を生かし、仮止めに使うこともできます。

熱風乾燥炉は、乾燥させたい対象物に合わせて温度設定を行います。対象物をトレーに乗せて炉の中にセットしたら、乾燥動作を開始します。